就職のいろは

Q&A集

キーワードから探す

応募書類作成

職務経歴書の書き方について

職務経歴書とは、これまでどのような会社で、どのような能力を発揮してきたかを実務能力のアピールをする書類です。
今までの経験を単に並べるのではなく、求人企業の募集内容によって、知りたいこと、求めていることに沿って、戦略的に記載することが求められます。
採用担当者は職務経歴書から応募者の書類作成能力やプレゼンテーション力も判断するので、レイアウト・文章ともに気を抜かず、下記の点に注意して作成してください。

事前準備
① 経験・能力・強み・長所・得意分野・資格・知識・受講した職業訓練や社内研修等を整理する。
② 経験した業務の内容から感じる自分の特徴、工夫したこと・評価されたこと・仕事への姿勢、意欲・頑張ったこと、乗り越えたこと等の整理をする。
※紙に書きだしてみると整理しやすくなる。

記載方法
① A4縦サイズの用紙1~2枚程度に収まるように書く。手書きの場合は黒のボールペンか万年筆を使用する。
② A編年体式・・・・職務経歴を古い順に記載する方法(経験が少ない方向き)
B逆編年体式・・・職務経歴を新しい順に記載する方法(直近の経験を強調したいとき)
Cキャリア式・・・職歴をその類型ごとに記載する方法(職歴が多い方向き)
③ 自己PRポイント
≪自分の強みや結論を先に≫、次に≪それを裏付ける経験やエピソード≫、最後に≪それを応募する会社でどう役立てるのか≫を記載する。
④ 志望動機ポイント
ア この会社に興味を抱いたきっかけ
イ どのように思ったか、自分のどんなところを仕事に活かせるのか
ウ 何故この会社で働きたいのか、その会社でなければならないのか




人材派遣業・人材紹介業・就職支援事業

西日本エリートスタッフ株式会社

労働者派遣事業 厚生労働大臣許可(派 40-050001)
職業紹介業 厚生労働大臣許可(40-ユ-050012)

拠点:久留米・佐賀・福岡・北九州

  • 西日本ブレーンサービス株式会社
  • 西日本介護サービス株式会社

西日本エリートスタッフは個人情報保護の適切な取扱を行なうプライバシーマークの認定を受けています。

個人情報保護方針
エントリーフォーム
ページのトップへ